The British Isles, consisting of the Islands of Great Britain, Ireland and over 6,000 smaller isles, are the world’s famous breeding places for seabirds. The two mainland islands have coast lines of over 40,000 km and there are many cliffs suitable for nesting and breeding. There are also many uninhabited isles which became Paradise of seabirds. About 8 millions of seabirds, consisting of 25 species, spend spring and summer for breeding in the British Isles. I travelled for 10 days in the month of June along the east cost of Britain from Bempton cliffs to the Bass Rock in Scotland.
MAP

グレートブリテン島、アイルランド島及びその周囲の6,000の島々から成るイギリス諸島は、海鳥の繁殖地として世界有数のものだ。両島本土の約40,000kmの海岸線には海鳥が営巣するのに適した崖が多く、周囲の島々では人間が住まない野鳥の楽園となった島も多い。25種、約800万羽の海鳥が、春から夏にかけてイギリス諸島で繁殖期を迎える。6月のイギリスの東海岸を10日ほどかけて、ベンプトンクリフからスコットランドのバス・ロック島まで海鳥を訪ねた。

訪問地マップ

Bempton cliffs, made of hard chalk, run about 10km with the highest point of 100m from the sea. The cliffs accommodate over 250,000 seabirds coming for breeding each year. The cliffs are packed with full of nests which are roughly grouped by species but often cohabited by different species. The cliffs are home to the only mainland breeding colony of northern gannets for about 10,000 pairs. There are also guillemots, razorbills, kittiwakes, herring gulls and puffins, etc.

The Farne Islands consist of about 20 small isles within 8 km from the mainland. The islands were used by Christian hermits and monks from the 7th century to the modern age. The islands are now owned by the national trust and there is no permanent population. It is a Paradise of 200,000 seabirds nesting and breeding. There is an important colony of about 5,000 grey seals. The ground of the Inner Farne island is packed with nests of arctic terns and Atlantic puffins while the cliffs of the coast line are fully occupied by various gulls, guillemots and cormorants, etc.

The Bass Rock is a small desert isle at 2 km off the coast. It was lived by Christian hermits in the 7th century. The family of Bass built a castle which was used as a prison later. The modern lighthouse is no longer in use. The whole isle is now covered by the world’s largest colony of northern gannets of 75,000 pairs.

ベンプトンクリフは、高さ100mほどの海に面した白亜(チョーク)の崖で、約10㎞続いている。有数の海鳥繁殖地で、毎年25万羽以上の海鳥が繁殖のために春から夏を過ごす。崖には立錐の余地もないほど海鳥の巣が並んでいる。一応大まかには、種ごとのグループに分かれるが、隙間があれば他の鳥が入って共存している。ここには本土で唯一のシロカツオドリのコロニーがあり、約20,000羽が営巣している。他には、セグロカモメ、ミツユビカモメ、ウミガラス、オオハシウミガラス、ニシツノメドリなど。

ファーン諸島は本土から8㎞以内の20ほどの小さな島から成る。かつては人の住む修道院もあったが、現在ではナショナル・トラストに所有され、無人の島々となっている。海鳥の天国とも言うべきところで20万羽を超える海鳥が繁殖期を迎えている。巨大なハイイロアザラシの生息地でもあり、5000頭ほどいる。インナーファーン島に上陸すると、地上ではキョクアジサシとニシツノメドリが所狭しと営巣しており、海岸線の崖にはカモメ、ウミガラス、ウなどの巣が密集している。

バス・ロック島は沖合2キロにある小さな無人島だが、7世紀ごろにはキリスト教隠者が住んだという。Bass家により城が立てられ、その後牢獄としても使われていた。近代には灯台も建てられたが今では使われていない。バス・ロック島は、シロカツオドリの繁殖地としては世界最大で、15万羽が営巣している。