Niola Doa is in the northern part of the Ennedi Plateau which is located at the north-eastern corner of Chad.  “Niola Doa” means “maidens’ rocks” in the local language.  Niola Doa is a basin surrounded by rocky mountains. Rocks of various shapes are dotted on the sandy ground.

The engravings unique to Niola Doa are on the flat surfaces of these rocks. Big human figures, sometimes over two meters and fully filled with geometric figures, are curved on the rocks. They look naked and they have very big buttocks but no indication of sex although they were called “Prehistoric dancing maidens” when they were introduced to the outside world in 1956. They always hold a stick over the shoulder and this looks like a posture of cattle herders. Next to these big human figures, sometimes smaller human figures with skirts are depicted.

The most well accomplished engraving is called “the French Panel” as it was found by a French army officer in 1954. There are some other sites with same type of engravings but they are all located within a small area of Niola Doa. The exact dating of these engravings is unknown, but the most prevalent theory indicates “Pastoral Neolithic”. (February 2018)

Where to find Niola Doa

ニオラ・ドアはチャドの北東国境に近いエネディ山地の北部に位置する。ニオラ・ドアとは土地の言葉で「娘たちの岩」を意味する。周囲を岩山に囲まれた盆地で、高さ数メートルから10メートル程度の岩が砂地に点在する。

そのような岩の中で、風化によって平な表面を持つ岩にニオラ・ドア独自の線刻画が描かれている。大きなものでは2mを超える人物像で、身体中にびっしりと様々な幾何学模様が描かれている。人物は臀部が非常に大きく裸のようであるが、乳房や性器は描かれてはおらず、男女の区別はつかない。1956年に初めて世界に紹介された時、「先史時代の踊り子」と名付けられたが、女性である証拠はない。彼らは一様に右手に持った杖を肩に担いでいる。牛などの家畜を追う牧童たちの典型的な仕草だ。これらの人物像の隣には、スカートを穿いた小さな背丈の人物像が描かれている場合もある。

最も完成度の高い美しい線刻画は、フランスの軍人が1954年に発見したことから、通称「フランス人のパネル」と呼ばれている。これ以外にも同じモチーフの線刻画があるが、いずれもニオラ・ドアの狭い範囲でしか見つかっていない。いつごろ描かれたものかは分かっていないが、新石器時代の「牛の時代」に描かれたとする説が有力だ。 (2018年2月)

ニオラ・ドアの地図

 

PANORAMIC PHOTO  パノラマ写真

Engraving of Niola Doa  (7.7m x 2.8m)  360 degree panoramic view
ニオラ・ドアの岩壁画, 2018年2月撮影  (7.7m x 2.8m)  360度パノラマ

 

Engraving of Niola Doa  II (7.4m x 3.1m)
discovered by the team of Yves Gauthier in January 2018
Outside view
ニオラ・ドアIIの岩壁画, 2018年2月撮影  (7.4m x 3.1m)
イヴ・ゴーティエ調査隊により2018年1月に発見された
 外観

ROAD TO NIOLA DOA   ニオラ・ドアへの道