Yagour, located at about 80 km south of Marrakech, Morocco, is a plateau of 2,200 to 2,600 meters high above the sea, surrounded by high mountains of High Atlas such as Toubkal (4,167m). There is no resident during the winter time due to snow but the land is used by people for transhumance of cows, sheep and goats from summer to autumn.

Berber people stared to live in Yagour around 5,000 – 4,500 years ago. There are many prehistoric engravings on the plateau. The engravings unique to the region are “discs” which are circles with various geometric lines inside. Their sizes are mostly 20 to 50 cm but there is one large disc of about 1m, called “Disc of Sun”, carved on a rock surface faced to the South while others are carved on flat slabs.

According to the guide, the animism believed by the ancient Berber people had three indispensable elements for human life: Sun, Ground and Water. “Disc of Sun” symbolically depicts these three elements: Sun with halo and inside there are mountains and land with rivers. This is indeed the landscape of Yagour. A small disc at the bottom of Sun is probably Moon. Crescent Moon is at upper left of Sun.

Human figures are very unique and fantastic. There are also engravings of wild animals such as elephants, feline, rhinoceros, etc. It is quite surprising to see elephants and rhinos in such high land surrounded by mountains. More surprises with “chariots”. The “Discs” and the human figure are very unique to the region but “Chariots” are very common and they are depicted all over the Sahara. But it is quite mysterious to see “chariots” deep in the mountains. (July 2019)

Map of Yagour

ヤグール(Yagour)は、モロッコ、マラケシュの南80キロにあり、標高2,200~2,600mの高原地帯。トゥブカル(4,167m)などハイアトラス山脈の山々に囲まれている。冬場は雪に閉ざされて人は住めないが、6-10月には山の麓から牛、羊、山羊の群れを連れた人々が移牧地としてやって来て夏から秋を過ごす。

ヤグールにベルベル人が住むようになったのは、5,000~4,500年前とされる。この頃から紀元頃までの先史時代の線刻画が高原に点在する。ヤグールの線刻画で最も特徴的なのは円盤(ディスク)と呼ばれる円形の線刻画。円の中に様々な幾何学模様が描かれている。20-50㎝程度のものが多いが、一点だけ直径1mほどの大きな円盤がある。「太陽の円盤」と呼ばれている。他の水平面に描かれたものと異なり、南に面した岩の斜面に描かれている。

ガイドによれば、ベルベル人の信じたアニミズムでは「太陽、土地、水」が人間に不可欠なものとされていたとのこと。太陽の円盤では、これらが象徴的に描かれている。太陽の内側には山並に囲まれた大地と川。ハイアトラスの山々に囲まれたヤグールの風景そのものだ。太陽の下に小さなディスクがあるが、月だろうか。左上には三日月のような線刻もある。

人物画もとてもユニークで面白い。動物画ではネコ科動物やゾウのように見える動物が描かれているが、ゾウがこのような高原にもいたのだろうか。もっと不思議なのは、古代戦車の線刻画があることだ。円盤や人物像は当地独自のユニークなものであるが、古代戦車はサハラ砂漠一帯に見られる類型的な形状のものだ。実際に当地で使われなかったと思われる古代戦車が、このような山奥にまで描かれているのは不思議だ。目的は分からないが、古代戦車の描き手が北アフリカ各地を回ったのであろうか。(2019年7月)
ヤグールの地図

PANORAMIC PHOTO  パノラマ写真

Disc of Sun. Engraving of Yagour, July 2019 (1 m x 1 m)
太陽の円盤、ヤグールの線刻画, 2019年7月撮影  (1 m x 1 m)