The Japanese Rock Ptarmigan (Lagopus muta japonica) is a subspecies of Rock Ptarmigan which lives commonly in the northern high latitudes. This bird is considered as a survivor of the ice age and it moved to the high mountains of over 2,400m after the ice age had ended. Its population is estimated to be about 3,000 and it is a nationally protected species.

Among the rock ptarmigans in the world, only the Japanese rock ptarmigans are not afraid of human beings. They have never been hunted in Japan because the high mountains used to be considered as sacred place while they are hunted for wild game for food in other countries. However, their natural enemies are increasing due to the global warming. In addition to hawks and stoats, monkeys, foxes and martens are now invading the high mountains. For the defense from the side of the bird, some rock ptarmigans are successfully breeding chicks near by the hiking trails.

I pursued Japanese rock ptarmigans for one year at Murodo of Mount Tate. Though my visits were only 6 times for 11 days in total, Japanese rock ptarmigans showed their beautiful appearance at each season.

ニホンライチョウはライチョウの亜種であるが、ライチョウは北半球の高緯度地域に広く分布している。氷河時代の生き残りともいわれており、約1万年前に氷河期が終わるとともに日本では高山地帯に移動し、現在では2400m以上の山にのみ生息している。二ホンライチョウは特別天然記念物に指定されている。生息数は3000羽程度と推測されており、絶滅が危惧されている。

世界のライチョウの中で、ニホンライチョウだけが人を恐れないという。ヨーロッパなどではジビエとして狩りの対象であるが、日本では高山が信仰の対象でもあったため狩りの対象とはならなかったことによる。一方で、タカやオコジョしかいなかった天敵だが、温暖化でサル、キツネ、テンなどが高山地域に進出して新たな脅威となっている。ライチョウ側も防衛策として、動物が近づかない登山客の近くで子育てをして成功するものも現れている。人間との共存で絶滅の危機を乗り切ってほしい。

立山室堂のニホンライチョウの1年を追いかけてみた。訪問6回で延べ11日間に過ぎないが、季節ごとに美しい姿をみせてくれた。

  •