I joined once again the Rock Art exploration trip organized by Mr. Yves Gauthier. Our objective was to explore the Northern Mauritania and the east side of the Western Sahara governed by the Polisario Front. However, our request to the Western Sahara government-in-exile in Algeria was not responded. So, we tried several times to enter in secrecy but we were pushed back to Mauritania.

The land is mostly very flat with a 360-degree view and it is islanded with small rocky mountains often composed of hard rocks such as granite which are not suitable for good quality rock art. We explored mainly engravings carved on flat stones laying on the river banks of wadis (dried rivers). The themes of engravings are spirals, animals and ancient chariots, etc. Mauritania is the west end of the distribution map of  the ancient chariots which are widely spread in the Sahara. We could see a good number of chariots. In the northern border area of Mauritania and West Sahara, there are shelters with beautiful paintings.

During the trip, we saw many water points and a lot of green plants. I had a strong impression that the Green Sahara is returning. The Sahara had a period called “Green Sahara” from about 11,500 years ago until about 5,000 years ago when the Sahara was fully covered with vegetation. Rainfall in the Sahara is steadily increasing recently due to the global warming according the researchers.

At the end of our exploration, the Geminid meteor shower was a wonderful gift from heaven.

今回もイヴ・ゴーティエ氏の岩壁画調査に参加した。モーリタニア北部と西サハラの岩壁画の調査を目指した。しかし、西サハラは事前の許可が降りなかったため、許可なしで入境を何度か試みたがポリサリオ軍や警察に押し戻されて実質3日程度の調査しかできなかった。日本政府は西サハラを承認していないためか、モロッコの占領地以外はレベル4(赤)の退去勧告がでているが、危険を感じることはなくポリサリオ軍からも丁重な扱いを受けた。

調査地域は360度見渡せる平坦な土地が多く、小さな岩山がぽつぽつとある程度で、それも花崗岩などの硬い岩で良質な岩壁画は少ない。そのため涸れ川の土手などにある線刻画が調査の主体となった。モーリタニアはリビアから続く古代戦車の西端であるが、古代戦車の線刻画を見られたのは収穫であった。一方で、北部のモーリタニア・西サハラ国境地帯には規模は小さいが砂岩の台地もあり、岩陰には彩画も見ることができた。彩画のある岩陰はそれほど数多くはないが、驚くほど美しい彩画に出会うことができた。

今回の調査行では「緑のサハラ」が戻りつつあることを実感した。「緑のサハラ」とは11,500年前から5,000年前頃までの湿潤期でサハラ砂漠が緑に覆われていた時期を言うが、近年サハラ砂漠各地では雨量が確実に増えてきており、地球温暖化の影響で「緑のサハラ」に戻りつつあるとの研究もある。サハラ歴40年の調査隊長も、砂丘が緑に覆われているのを前にして見たことがない風景と言う。

旅の最後にふたご座流星群のピークを迎えられたのは、この上ない幸運であった。澄み切った冬のサハラで、満天の空から降る星の美しさは言葉にならない。

  •  

PANORAMIC PHOTO  パノラマ写真

Engraving of el Ghallaouyia, December 2018 (4.3m x 3.0m)  360 degree panoramic view
エル・ハラウイヤの線刻画, 2018年12月撮影  (4.3m x 3.0m)  360度パノラマ

 

Engraving of Meherizat, December 2018 (3.3m x 2.4m)
メヘリザットの線刻画, 2018年2月撮影 (3.3m x 2.4m)

MAURITANIAN NIGHTS AND GEMINID METEOR SHOWER

モーリタニアの夜とふたご座流星群