Participating KG+ 2019, Satellite event of KYOTOGRAPHIE INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL

Fri. 12/04 – Sun 12/05/2019
closed on Tue. and Wed. except national holidays

Kyoto Style Climbing Kiln

151−1, Takemura-cho, Higashiyama-ku, Kyoto
Admission free, open 12:00 – 18:00

Supported by
Embassy of Algeria to Japan
Japan – Algeria Association
The Africa Society in Japan

Photo prints provided by
SCREEN Group

Access Map and Bus lines

KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭のサテライトイベントKG+ 2019に参加します

2019年4月12日(金)-5月12日(日)
祝日を除く火曜・水曜日休場

五条坂京焼登り窯跡

京都市東山区竹村町151-1
入場無料 開場時間12:00~18:00

後援
在日アルジェリア大使館
日本アルジェリア協会
アフリカ協会

写真プリント提供
SCREENグループ

アクセス地図及びバス路線

プレスキット

The Sahara desert, the largest desert in the world, had periods called “Green Sahara”. From about 11,500 years ago until about 5,000 years ago, the Sahara was fully covered with vegetation. Various groups of people came to reap the benefits of this fertile land. Each of these groups left their own unique art in the form of rock paintings and  engravings.

The Upper Paleolithic Cave Art, such as Lascaux and Altamira, etc., show mostly wild animals in naturalistic style. Human figures are rarely depicted, but when they are they are drawn in a simplistic style. On the other hand, the Saharan Rock Art, mostly from the Mesolithic age to the Neolithic age, show not only animals but also elaborate images of humans in various forms of activity. They cover a wide gamut of subjects ranging from every day life to the spiritual world. The Saharan Rock Art shows an important evolution in the development of man and art.

The locations of the Saharan Rock Art are remote and isolated with difficult accesses. At this exhibition, all photos of the Rock Art are reproduced at their actual size and the beholder will feel as if they stand in front of the real painting/engraving.

世界最大の砂漠、サハラ砂漠には「緑のサハラ」と呼ばれる時代があった。およそ11,500年前から5,000前頃まで、サハラは緑に覆われていた。豊かな土地を求めて様々な民族が去来し、彼らは自然の岩肌をカンバスとして彩画や線刻画など独自のアートを遺した。

サハラ岩壁画に先行するラスコーやアルタミラなど、ヨーロッパの後期旧石器時代の洞窟壁画では写実的な動物画が殆どで、人間が描かれることは少ない。描かれても単純化された図形が多い。これに対してサハラ岩壁画は、主に中石器時代から新石器時代のものだが、動物ばかりでなく人間の様々な姿が描かれており、主題は日々の営みから精神世界まで幅広い。サハラ岩壁画は人間とアートの発展過程で重要な進化を示している。

サハラ岩壁画は容易には行けない遠く隔絶された土地にある。展示される作品はすべて実物大であり、実際の岩壁画を目の前にした感動を共有していただければ幸いである。