The desert from the west side of Nile to the east of Libya is called Libyan Desert by Europeans and Western Desert by Egyptians. The Great Sand Sea is occupying 72,000m2 and it is one of the biggest regions of dunes in the world.

The period from 1920’s until the Second World War is the time of explorers such as Prince Kama El-Din Hussein who abandoned kinghood by devoting his life to the desert, Hungarian Count Lazlo Almasy who found the Cave of Swimmers and Patrick Clayton who made maps of the desert. They were all fascinated by the Libyan Desert. Antoine de Saint-Exupéry who crash landed in the Libyan Desert is also one of the men.

ナイル川の西側からリビアの東側までの広大な沙漠地帯は、欧米ではリビア沙漠と呼ばれ、エジプトでは西部沙漠と呼ばれている。その中にグレート・サンド・シーと呼ばれる砂丘地帯が四分の一程度の72,000m2を占めている。世界有数の砂丘地帯だ。沙漠といっても岩や礫の沙漠が多く、サハラ沙漠でも砂丘地帯は全体の14%程度だ。

1920年代から第二次大戦が始まるまではリビア沙漠探検の時代で、エジプトの王位を投げ打って沙漠探検に人生をかけたカマル・エル・ディン王子をはじめ、泳ぐ人の洞窟を発見したハンガリーのラズロ・アルマシー伯爵、沙漠の地図造りをしたパトリック・クレイトンなど多くの探検家がリビア沙漠の魅力の虜となった。リビア沙漠に不時着したサン=テグジュペリも沙漠に魅入られた男のひとりだ。

  • 1-TH20140118-101
  • 2-TH20140118-142
  • 3-TH20140118-172
  • 4-TH20140118-188
  • 5-TH20140118-072
  • 6-TH20140117-099-2
  • 7-TH20140119-009
  • 8-TH20140119-025
  • 9-TH20140119-034
  • 10-TH20140122-018
  • 11-TH20140119-121
  • 12-TH20140119-273
  • 13-TH20140118-226
  • 14-TH20140122-121
  • 15-TH20140121-070
  • 16-TH20140120-120
  • 17-TH20140122-175
  • 18-TH20140123-017
  • 19-TH20140121-083
  • 20-TH20140121-079

We took the route of Patrick Clayton for crossing the Great Sand Sea. This route was developed for surprise attacks of the British army to the Italian army in Libya. All dunes are running from north to south extending sometimes 150km. Crossing the dunes is quite difficult and the crossing routes are very limited. On the way, we saw a truck of British army during the WWII.

“Sand Sea” is a right expression for describing this never ending sand. The sand surface is waving softly and we see sometimes dunes like the crests of waves. The slopes are not steep but the sand is sometimes soft and the cars are stuck. Digging out the sand, placing the iron plates, pushing all together, placing the iron plates in the next position…. We repeat 7, 8 times a day.

Amount of rain fall in the Great Sand Sea is only about 5mm per year and there is no vegetation. However, there are some insects, rats and foxes. Despite no rain fall, some water can be collected from the wet air by night mist. Saint-Exupéry could survive from his crash landing by collecting water using a parachute.

After crossing the Great Sand Sea, we went southward. Dunes became huge, sometimes dunes are over 100m height. Then we come to a very flat ground, so called interdunal corridor where we see mirages.  Silica glass can be found in such corridors.

The more we advance southward, the more the redness of the sand increases.  The sunset of the dunes of Wadi Assib facing Gilf Kebir is one of the most beautiful landscapes I ever saw. It looks exactly like the red dunes in the movie of English Patient.

Three days for crossing the Great Sand Sea and two days for going southward to reach Gilf Kebir. The journey of the Great Sand Sea was very varied and it was so exiting.

今回はグレート・サンド・シーを横断するルートで、第二次大戦でイギリス軍に加わったパトリック・クレイトンがリビアのイタリア軍に奇襲攻撃をかけるために開拓したルートだ。砂丘は長いもので150㎞近くあって南北に走っているので、東西に横断するのはルートが限定される。その途上では、イギリス軍のトラックなどが砂に埋もれているのに遭遇する。

グレート・サンド・シーと呼ばれるのがよく分かる。行けども、行けども砂の海だ。穏やかなうねりの中に、時々波が立っているように砂丘が現れる。なだらかな斜面といっても油断はできない。突然柔らかい砂になって先導車がスタックする。全員総出で、砂を搔き、プレートを敷き、一斉に押す。プレートは素早く取って次のポジションに敷く。この作業を一日7,8回はしただろうか。

グレート・サンド・シーは年間降水量が5㎜程度で、植物がまったく育たない。しかし、昆虫、砂ネズミ、フェネックキツネなどが生息しているのが不思議だ。雨は降らないが、朝になるとテントが夜露で濡れている。湿った空気から水分が補給されるのだ。サン=テグジュペリは不時着したとき、パラシュートで水を集めて生き延びた。

グレート・サンド・シーを横断して、さらに南下を続けると、砂丘は徐々に大きなものになり、高さ100mを超える山脈を形成するようになる。砂丘と砂丘の間には平らな地面が広がるとともに蜃気楼が見えてくる。シリカ・ガラスはそんなところにある。砂に含まれる石英が1400℃以上の高熱に曝されてできるもののようで、隕石の衝突などが考えられるがまだ証拠は見つかっていない。

南下するに従って砂の色は徐々に赤みを増す。ギルフ・ケビールとの境にあるワディ・アシブの夕陽に染まった砂丘の美しさはこの世のものとは思えない。映画イングリッシュ・ペイシェントで見た美しい赤い砂丘だ。

横断するのに3日間、さらにギルフ・ケビールまで南下するのに2日間。延々と広がる砂の海の旅だったが、景色の変化に富み、飽きることはなかった。改めて沙漠の魅力にとりつかれてしまったようだ。